トップ > その他の情報

レーザー式のレーシックはなぜいいのか

SBC新宿近視クリニックではSBKレーシックを除くすべてのレーシック手術でレーザー式を用いています。

従来のレーシックというのはケラトームというカンナのような刃物でフラップを制作していました。
(SBC新宿近視クリニックのケラトームレーシックは100umという薄さで削り出すので下手なレーザー式よりも薄いのですが......)

基本的にはこれは薄ければ薄いほどいいものです。ですのでレーザーで高精度なカットを行なうほうがいいんですね。

また、レーザだと連続的に断面を変更させることが出来るのも大きな利点です。

しかし一番の利点は目には直接触れないという点でしょうか。

ケラトーム式ではどうしても物理的な刃が目に触れてしまうのでそこで感染症の危険性が出てくるのです、しかしレーザー式だと直接触れないのでその心配がないんです。

いまさらですがレーシックについて補足説明

このブログで幾つか専門用語が出てきていますが、レーシックとはなんぞや!?
という方のために噛み砕いて説明してみたいとおもいます。

まずレーシック手術について、レーシック手術というのは角膜の厚みを変えて視力を回復しようというものです。

その方法ですが、レーザーや、カンナのようなもので角膜の表面を薄くめくり取ります。

そして角膜をレーザーで削り、厚みを薄くします。

厚みを変更した角膜のうえに先ほどめくったものを乗せると、怪我で剥けた皮がくっつくかのごと元に戻り、結果として、視力を回復するのです。

そしてこのブログでもよく出る、「フラップ」というものはこの手術の際にめくりとる角膜のことをさすのです。

無期限のアフターケアで術後も安心

SBC新宿クリニックでは手術後のアウターケアを無期限に設定しています。
因みにこれらのアフターケアは手術代金+5万円が別途かかってしまいます。

SBC新宿クリニックの定めるアフターケアは主に後述の5つです。

・再手術が1回に限り無期限で無料になります。
 通常10万円のところが0円です。残念ながらレーシック手術を受けた方のうち3%の方は視力が低下してしまうらしいのです。

・医療用角膜保護コンタクトなどの痛みを緩和させるセットを無料進呈
 1万円相当のアウターケアセットを無料進呈です。

・10年間レーシック手術の経過観察が無料
 レーシック治療後の経過観察は10年間無料診察です。

・メールで気になることは適時尋ねることができます。

・目薬や内服薬を無料処方
 通常5万円の薬を最大1年間無料で詳報してくれます。

5万円は別途かかってしまいますがこれだけのケアが付いているのは心強いですね。
また、術式によってはケアが標準で含まれている場合もあるみたいです。