トップ > メニューについて > SBC新宿近視クリニックの矯正メニュー

SBC新宿近視クリニックの矯正メニュー

SBC新宿近視クリニックでは大まかに分けて4つの矯正メニューがありレーシック治療では老眼の矯正も可能です。

まずひとつめはオルソケラトロジーです。
こちらは矯正用のコンタクトを睡眠時に入れ、ピントを矯正するもので、切開を伴わないため安全性が高く副作用の心配が非常に少ないです。
ただ、10代などの若年層でないと効果が出にくいです。

2つ目はレーシックです。
レーシック手術では8万円のメニューから32万円のメニューまで予算と近視の進行度に会わせて5つの術式が選べます。

3つ目はリレックスで、こちらはレーシックと同じく切開が伴いますが、切り口は非常に小さく、また、レーシックの用にフラップ(レンズのようなもの)を入れないので感染症などのリスクも小さくなっています。

4つ目はフェイキックでこちらはコンタクトのようなものを目の中に入れてしまいうという術式です。
角膜に変更を与えないので元に戻すことが可能な術式になっています。

レーシック手術だけではなくたくさんの術式メニューを用意し、患者の要望に答えれるようになっていますね!

……この記事の全文をみる
メニューについて

前の記事 | 次の記事

関連記事