トップ > メニューについて > 強度な近視の方でも受けることができるフェイキック

強度な近視の方でも受けることができるフェイキック

あまりにも近視が強い場合や、角膜に十分な削りシロがない場合にまレーシック手術を受けるのは困難です。

そこでそういう方のためにフェイキックIOLというものがあります。

角膜と虹彩の間にレンズを入れたり、虹彩と水晶体の間にレンズを入れたりという方法があります。

前房型と言われる角膜と虹彩の間にレンズを入れる方法では外からレンズの様子がわかり、除去も比較的容易です。

しかしデメリットとして、費用が高額なことと症例がレーシックと比較すると少ないことです。

……この記事の全文をみる
メニューについて

前の記事 | 次の記事

関連記事