トップ > その他の情報 > レーザー式のレーシックはなぜいいのか

レーザー式のレーシックはなぜいいのか

SBC新宿近視クリニックではSBKレーシックを除くすべてのレーシック手術でレーザー式を用いています。

従来のレーシックというのはケラトームというカンナのような刃物でフラップを制作していました。
(SBC新宿近視クリニックのケラトームレーシックは100umという薄さで削り出すので下手なレーザー式よりも薄いのですが......)

基本的にはこれは薄ければ薄いほどいいものです。ですのでレーザーで高精度なカットを行なうほうがいいんですね。

また、レーザだと連続的に断面を変更させることが出来るのも大きな利点です。

しかし一番の利点は目には直接触れないという点でしょうか。

ケラトーム式ではどうしても物理的な刃が目に触れてしまうのでそこで感染症の危険性が出てくるのです、しかしレーザー式だと直接触れないのでその心配がないんです。

……この記事の全文をみる
その他の情報

前の記事 | 次の記事

関連記事