トップ > その他の情報 > いまさらですがレーシックについて補足説明

いまさらですがレーシックについて補足説明

このブログで幾つか専門用語が出てきていますが、レーシックとはなんぞや!?
という方のために噛み砕いて説明してみたいとおもいます。

まずレーシック手術について、レーシック手術というのは角膜の厚みを変えて視力を回復しようというものです。

その方法ですが、レーザーや、カンナのようなもので角膜の表面を薄くめくり取ります。

そして角膜をレーザーで削り、厚みを薄くします。

厚みを変更した角膜のうえに先ほどめくったものを乗せると、怪我で剥けた皮がくっつくかのごと元に戻り、結果として、視力を回復するのです。

そしてこのブログでもよく出る、「フラップ」というものはこの手術の際にめくりとる角膜のことをさすのです。

……この記事の全文をみる
その他の情報

前の記事 | 次の記事

関連記事